大豆種子エキスの抑毛効果

イソフラボンを含んでいるダイズ種子エキス

このページでは、ダイズ種子エキスというコントロールジェルMEに配合されている成分について説明してみたいと思います。

 

大豆というと日本では、よく食される穀物として親しみがあると思いますが、その大豆の種子からコントロールジェルMEにも配合されているダイズ種子エキスが作られているのです。

 

ダイズ種子エキスとは、マメ科植物であるダイズの種子から抽出したエキスのことで、コントロールジェルMEや一般的な化粧品に配合されている成分です。ダイズ種子エキスの主要な成分としては、イソフラボン、サポニン、タンパク質、アミノ酸など、エキスの中に複数の成分が含まれているのです。これらの成分が複数の美容効果が期待できる源となっています。次にダイズ種子エキスの効果や効能を紹介してみたいと思います。

 

ダイズ種子エキスの主な効果や効能としては、抑毛効果をはじめ、保湿効果や美白効果、抗酸化作用、皮膚の活性作用などが期待できます。ダイズ種子エキスは複数の美容効果が期待できる植物由来の天然成分です。そのため、抑毛ローションや抑毛剤、アンチエイジング化粧品などによく配合されている注目の成分なのです。また、肌に塗ると優れた保湿効果が期待できるので、最近ではスキンケア用品に使われることが多くなってきています。

 

イソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンと類似作用があるため、肌のハリや潤いのもとであるコラーゲンやヒアルロン酸を活性化させる作用が期待できます。また、男性ホルモンによるムダ毛を抑制する効果も期待できます。ダイズ種子エキスはコントロールジェルMEなどの抑毛ローションには欠かせない美容成分といえます。

 

植物の色素や苦味、辛味成分はフラボノイドとも呼ばれています。また、フラボノイドはポリフェノールに分類される成分です。特にマメ科の植物に多く含まれるポリフェノールのことをイソフラボンといいます。大豆からとれたイソフラボンは、大豆イソフラボンと呼ばれています。ポリフェノールは抗酸化作用があることで知られています。

 

女性向けの化粧品の他には、男性の育毛剤にダイズ種子エキスが配合されている商品があります。これもイソフラボンの女性ホルモン様作用で頭髪の抜け毛を防ぐのが期待できるためです。チャップアップやブブカなどの育毛剤にダイズエキスが配合されています。ダイズ種子エキスは女性向けの商品だけでなく、男性向けの商品にも幅広く使われているのです。

 

ダイズ種子エキスは英語で、「SOYBEAN SEED EXTRACT」になります。