カラギーナンの危険性

ゲル化剤として使われるカラギーナン

このページでは、カラギーナンというコントロールジェルMEに含まれている成分について詳細を解説しています。日本語ではカラギーナンをカラギナンと表記することもあります。英語では(carrageenan)です。

 

カラギーナンとは、紅藻類という海草から抽出された多糖類の物質、天然由来の成分です。

 

カラギーナンの主な用途としては、ゲル化剤、増粘剤、安定剤として、食品や化粧品などに使われます。コントロールジェルMEにも、ゲル化剤または増粘剤、安定剤として使われていると思われます。コントロールジェルMEをジェル状にしたり、液体や成分の分離を防ぐための成分として使われているのが、カラギーナンだと思われます。

 

なお、カラギーナンは食品では、ゼリーやプリン、ヨーグルト、アイスなどの他、ドレッシングやソースなどに用いられます。完全な液体ではなく、トロみがあったり、半固形やゼリー状のものに使われていることが多いです。

 

食品以外では、芳香剤やシャンプー、コンディショナー、練り歯磨きなどにカラギーナンが使われています。コントロールジェルMEもその一つです。

 

また、カラギーナンを食品添加物として用いられる場合の危険性や人体への影響も指摘されています。ただし、データに乏しく、はっきりしたことが分かっていません。現状では、ゼリーやヨーグルトなど子供でも食べるような食品に添加されています。

 

ここでは、ゲル化剤、増粘剤、安定剤について、それぞれ簡単に解説しておきます。

 

ゲル化剤とは、液体を固めてゲル状にするための物質のことをいいます。カラギーナンの他には、ゼラチンやペクチン、寒天などが用いられることがあります。

 

増粘剤とは、液体にトロみをつけ粘性を高めるための物質のことをいいます。カラギーナンの他には、ペクチンやグアーガム、キサンタンガム、カルボキシメチルセルロースナトリウムなどが用いられることがあります。

 

安定剤とは、製造後の食品の形状を保つため、成分を均一に安定させるために使われる物質のことをいいます。成分が分離するのを防ぎます。安定剤のことを増粘安定剤と呼ぶこともあります。カラギーナンの他には増粘剤と同じく、ペクチンやグアーガム、キサンタンガム、カルボキシメチルセルロースナトリウムなどが用いられることがあります。

 

ゲル化剤、増粘剤、安定剤として使われる成分は上記のように、いくつかの種類があります。コントロールジェルMEにはカラギーナン(カラギナン)が使われています。