化粧品に含まれているBGという成分

保湿と抗菌の効果があるBG

このページでは、コントロールジェルMEに使用されているBGがどのような成分か説明しています。

 

コントロールジェルMEだけでなく、BGは化粧品やコスメなどに基材として幅広く使われている成分です。主にスキンケア用品が多いと思います。しかしながら、成分表に記載されているBGという単語を見て、どんな成分か分かる人は少ないと思います。ここでは、BGについて解説します。

 

BGとはブチレングリコールのことで、最近では、化粧品の成分表にBGと表記されることが多いようです。BGは無色無臭の液体で肌への刺激が少ないのが特徴です。そのため、多くの化粧品に配合されています。また、医薬部外品では、1,3-ブチレングリコールと表記されます。

 

BGの効果や効能としては、保湿と抗菌の2種類があります。それぞれ異なる効果を合わせ持っている物質です。コントロールジェルMEにも、保湿と抗菌の2種類の効果を目的として配合されていると思われます。BGの他には、保湿剤としてグリセリンもよく使われます。コントロールジェルMEにも、グリセリンが配合されています。肌に塗ったときの使用感をグリセリンと比べると、BGのほうがサラっとした使用感になります。BGの抗菌効果というは防腐剤という言い方をしたほうが分かりやすいかもしれませんね。化粧品が腐らないようにBGが配合されます。

 

また、BGは保湿と抗菌の2種類の効果がありますが、その他には、植物から成分を抽出する目的でBGが使われることもあります。BGを使って植物エキスを抽出することができるのです。同様の目的でBGの他にエタノールが使われることもあります。

 

BGは石油由来の成分で、アセトアルデヒドを合成して造られる多価アルコール類です。コントロールジェルMEは植物由来の成分を主として製造されていますが、すべての成分が植物由来というわけではありません。BGに関しては、石油から合成される成分になります。BGは低刺激で人体への危険性や悪影響は少なく、その安全性は高いとされています。

 

石油由来の成分ということですが、植物由来のBGも存在しています。発酵エタノールを合成して、BGを製造することができます。植物由来のBGは、安定性が低い、コストが割高であるというデメリットがあります。製造されるBG自体は同じなので、石油由来から合成されたBGがよく使われています。

 

BG(ブチレングリコール)は英語で、「butylene glycol 」になります。